毛母細胞を活性化してヘアサイクルを正常化する!


薄毛、抜け毛が発生する直接的な原因は、

髪の毛を生産する毛母細胞の働きが悪くなることです。



頭皮から中に埋もれている部分を毛根といい、

その毛根の根元には毛球という部分があります。



この毛球部の中には、“毛髪工場”といわれる毛母細胞があり、

ここで、細胞分裂を繰り返して髪の毛になる細胞をつくり、

髪の毛が生まれて成長を促しています。



人の髪は、10~15万本もあるといわれますが、

毛母細胞で作られた1本1本の髪の毛は、

ヘアサイクルという2~7年の周期を経て自然と抜け落ちて

1本の髪の毛の一生を終えます。



ヘアサイクルは、

成長期(2~6年、女性の場合は約4~6年)→

退行期(2~3週間)→休止期(2~3ヶ月)という周期で生まれ変わりますが、

このヘアサイクルが何らかの原因で乱れてしまい、成長期が短くなり、

未成長の細い毛のまま退行期へ移り、

休止期にある髪の毛の割合が増えれば薄毛になり、抜け毛も増えてきます。


WS000025.JPG



ヘアサイクルが乱れる原因は、

仕事や人間関係によるストレス、無理なダイエットによる栄養不足、偏った食事、

高カロリーの食事、睡眠不足、過度のヘアケアや肌に合わないヘアケア商品のため

頭皮にダメージを受ける、出産、加齢、喫煙など、さまざまなことが影響し、

ホルモンバランスが崩れたり、頭皮の血行が悪くなったりして、

毛母細胞の働きが低下してしまうことです。



薄毛、抜け毛を改善し、健康的な髪を復活させるには、

毛母細胞をいかに本来の働きに戻し、

ヘアサイクルを正常に維持できるかにかかっています。



そのためには、

育毛する女性のための育毛剤「マイナチュレ」でのヘアケアが有効です。



男性ホルモン(DHT)の影響で薄毛になる「男性型脱毛症」には、

男性ホルモン(DHT)を抑制する成分や分泌の多い皮脂を抑える成分が

配合されている男性用の育毛剤が必要ですが、

それに対し、マイナチュレは、

老化や外的要因から薄毛になる女性の育毛や発毛促進、頭皮ケアに良いとされる

有効成分を配合してある女性用の育毛剤です。



マイナチュレで、しっかりとしたケアを実践すれば、

毛母細胞が活性化して乱れたヘアサイクルが正常に戻り、

健やかな髪の復活が期待できます。



ぜひ、マイナチュレのヘアケアを始めてみませんか!



マイナチュレの詳しい内容は下の公式サイトをご覧ください。