老化が原因で薄毛になるのは、どうしようもないことですが・・・


女性の薄毛、抜け毛などの髪のトラブルが発生する原因は、

加齢、不規則な生活習慣、無理なダイエットによる栄養の偏り、

ホルモンバランスの乱れ、ストレス、間違った頭皮ケア、喫煙、紫外線など、

さまざまな要因が挙げられ、原因をひとつに絞ることはできません。



ただし、加齢による老化は、薄毛に大きな影響を与え、最大の原因となります。



特に、45歳~55歳ぐらいの更年期に入ると、

「なんとなく体調が優れない・・・」という風に、

身体や心の不調を訴える女性が増えてきますが、これと同時に、

髪のボリューム、ハリ、コシがなくなったと実感する人も大勢いらっしゃいます。



更年期とは、女性が閉経を迎える前後の約5年間のことを指しますが、

一般的には平均50歳で閉経を迎えますので、約45歳~55歳の期間のことをいいます。



この更年期を迎えると、

髪のボリューム、ハリ、コシが失われ、休止期に入る毛根の割合が増え、

全体的に髪が細くなって、地肌が見えるような状態になることも珍しくありません。



WS000055.JPG



このように年齢を重ねるに従い、老化の影響で薄毛になってしまう原因に、

大きくかかわっているのは女性ホルモンです。



女性ホルモンでよく知られているのは、エストロゲンとプロゲステロンですが、

髪の維持のために働いているのが、卵巣ホルモンとも呼ばれるエストロゲンのほうです。



一方のプロゲステロンは、黄体ホルモンとも呼ばれ、女性らしい体を維持して、

生理周期の後半期間の維持、妊娠黄体の形成などの働きをしています。



この女性ホルモンは、20歳代が分泌のピークとなり、

30歳を過ぎると徐々に分泌量が減少し、更年期に入ると急激に減少してしまいます。



このエストロゲンの急激な減少が、薄毛につながるわけです。



このように、老化による影響は、人間として生きている以上、どうしようもないことですが、

エストロゲンは、老化のほかに、不規則な生活習慣、無理なダイエット、ストレスなど、

さまざまな要因で減少してしまうことがあります。



まずは、十分な睡眠を取り、栄養バランスの良い食事を摂るなど、規則正しい生活習慣を送り、

そして、育毛剤を使用するなどして、しっかりとした頭皮ケアを施せば、

少しだけでも老化の影響を遅らせることができます。