健康的な美髪の成長のためには質のいい睡眠が必要!



健康的な美髪を育てたいなら、

まずは、体が健康でなければなりません。



そのためには、

栄養バランスのよい食事を規則正しく摂るという食習慣をはじめ、

睡眠、運動、禁煙などが

健康的な体を作る日常生活として大切になります。



その中でも睡眠は、食事と同じくらい重要で、

毎日、6~8時間の質のいい睡眠を取ることが、

健康的な体を作り、元気で質のいい美髪の成長につながります。



しかし、夜更かしを続けて、毎日、睡眠不足だったり、

不規則な睡眠が続くと、体調が優れなくなって、

脳機能が低下し、正常な判断ができなくなるなど、

昼間の日常生活に支障をきたし、

さらに、高血圧や糖尿病などの生活習慣病、

脳卒中や心筋梗塞などの動脈硬化性疾患も起こす恐れがあるといわれています。



実際、2~4日程度、ジャンクフードばかりや不規則な食事を摂っていても、

すぐに体調不良としてあらわれるということはありませんが、

夜更かしをした翌日は、

頭痛がしたり、だるかったりと、何かしらの不調がすぐにあらわれます。



それだけ、睡眠は体に大きく影響を与えるということです。



当然、このように体に害を及ぼすようになれば、

健康的な美髪を維持することもできなくなります。



WS000218.JPG



睡眠は、

深い眠りのノンレム睡眠と浅い眠りのレム睡眠の2種類に分けられます。



ノンレム睡眠は、脳と体が完全に休息して眼球が動かず、

ぐっすり寝ている状態ですが、

それに対してレム睡眠は、体は休息していますが、

眼球は動いて脳は寝ていないという浅い眠りの状態で、

毎日の睡眠の中で、この2種類の睡眠が、

だいたい90分の周期で交互に繰り返されています。



このノンレム睡眠とレム睡眠が、スムーズに繰り返されて、

6~8時間の睡眠をしっかり取ることができれば、

質のいい睡眠ということになります。



そして、脳が休息して深い眠りのノンレム睡眠の時に

成長ホルモンが分泌され、さまざまな細胞の新陳代謝を促して、

内臓、筋肉、肌、髪などを修復し、成長させます。



また、午後10時から深夜2時までの間は

「肌のゴールデンタイム」と呼ばれて、

肌細胞の生まれ変わりであるターンオーバーが盛んに行われる時間帯です。



この時間帯は、成長ホルモンが最も多く分泌されるので、

肌だけでなく髪にも大切な時間になります。



ですので、できるだけ午後10時から深夜2時までの時間帯に、

質のいい睡眠が取れるように心がけましょう。



そのためには、睡眠を取るための環境作りも必要です。



例えば、物音のない静かな寝室で、照明は暗く、

温度や湿度、寝具の硬さ、枕など“心地よい”と感じる環境に

整えることが大切です。



さらに、夕方に軽い運動をしたり、

入浴は就寝の2~3時間前に済ませたり、

アルコール、カフェインが含まれているコーヒーやお茶類を控えるなどを

実践すれば、質のいい睡眠につながります。





健康的な美髪のために、

育毛剤やシャンプーなどによるヘアケアも大切ですが、

健康的な体を作る日常生活についての意識を高く持つということも必要です。